通貨による分類

債券は、発行する通貨によって分類されます。日本の投資家にとっては、通貨ごとに区別するよりも日本円かどうかだけを区別すれば良い場合が多く、円貨建ての債券を「内債」あるいは単純に「債券」と呼びます。為替リスクがないという点では、もっともリスクの低い投資対象だと考える事ができます。一般的にはこのように分類するのですが、円貨で発行されていても、国内企業や国内の団体ではない場合には、特にサムライ債と呼ぶ事が多いです。
外貨建てで発行される債券を外債と呼びます。円貨で発行されるのとは違って為替リスクがあるという点に注意しておきましょう。また、海外の企業や団体が発行するものだけではなくて、国内企業が発行することもあります。グローバル企業は、資金調達をするときに円を使わずにドルやユーロ、あるいはスイスフランを用いる事もあります。これらを用いる事によって日本の投資家以外からの資金調達をしやすくできるために、外貨で発行することがあるのです。
どの場合であっても為替リスクがあり、円安になれば為替差益を得ることができますが、円高になれば為替差損が発生します。高金利であるという魅力はありますが、リスクも大きいという点に注意しなければなりません。