「裁定取引」とはどういうもの?

裁定取引とは、理論上同一の価格になるはずのものが乖離しているときに、これを利益とする方法を指します。例えば、同じ株式が別の市場で売買されていた場合、取引する市場は違っても本来の価格は同じになるはずです。この価格差を利用して取引を行うことによって、ノーリスクで利益を得る事ができます。具体的には、高く売買されている方を売り、そして安く売買さえている方を買うのです。価格が変動しても、どちらも変動しますから損失が発生することはありませんし、いずれは同じ価格になるはずですから、価格差を確実に利益につなげることができるのです。
そのほかにも、先物と現物でも行われます。精算日には、先物の価格は現物の価格に一致します。ですから、価格に乖離が生じた場合には、高い方を売って安い方を買うという方法によって、ノーリスクで利益を得る事はできるのです。ただ、このときには金利についても把握しておく必要があります。本来の金利分の利益を差し引くことも必要ですし、レバレッジをかけるための金利についても考慮しなければなりません。
ノーリスクで取引ができると言うことですが、実際には大きな資金が必要となることも多く、そのために簡単にはできないという特徴はあります。