株価指数・平均株価の先物取引

金融先物には様々なものがありますが、比較的多く取引されているものとして株価指数や平均株価があります。これらを取引するメリットは何かというと、全体に投資ができることです。例えば、日本経済全体に投資ができるというメリットは大きいでしょう。個別の性質を考えたり、個別の特徴を把握したりしなくても良いというメリットは非常に大きいと考えられます。政策が経済船体に良い影響を与えるのなら買えば良いですし、悪い影響を与えるのなら売れば良いという単純な方法で取引ができるのです。
そのほかにも、流動性が高いという特徴はあります。株式そのものが流動性のない場合もあります。このような場合に大規模な投資を行おうと思ったときには、買い注文だけで市場が動いてしまう可能性があります。流動性が高い先物であれば、全く影響を与えないというわけではありませんが、影響を小さく抑えることはできるでしょう。
他にも、例えば投資しにくい国に投資するために用いる事もできます。新興国に投資をするときに、個別株史記を買うことはできなくても、指数なら買うことができるということもあります。先進国であっても、例えばダウ平均やFTSEなどを利用すれば、二歩から投資しにくいものにも投資ができるのです。