外債の種類と分類方法

「外債」とは、発行される通貨の種類、発行体、発行する場所のいずれかが外国のものである債券をいい、さまざまな種類があります。
まず、発行される通貨の種類により、円建てか、外貨建てかという分類があります。「円建て債」は元本の払込みも利払いもすべて日本円で行われるもので、「外貨建て債」は元本や利子が日本円以外、例えば米ドルやユーロで支払いが行われるものをいいます。外貨建ての場合、その国の政策金利発表などの重要イベントを通過するたびに為替相場が乱高下することがあるので注意が必要です。
次に、発行体ですが、これは政府や地方公共団体、国際機関、その他の公共的団体が発行するものは「公共債」、金融機関や事業会社が発行するものは「民間債」として分類されます。事業会社などが発行する債券には信用度の低いものも含まれますので、格付け機関の情報をチェックすることが重要になります。
また、発行される場所ですが、日本国内で発行されるものと、海外で発行されるものがあります。外国企業などが日本国内で発行する債券は「サムライ債」や「ショーグン債」などとよばれ、日本企業が海外で発行する円建て債券は「ユーロ円債」とよばれます。これも発行される国で戦争や災害が起きるなどのカントリーリスクを考慮に入れる必要があります。
さらに、利子がつくかどうかに着目すると、運用期間内に利払いがある「利付債」と、額面金額で償還される「割引債」があります。この違いは売出し価格が安いか、高いかという点に反映されるほか、税制上の取扱いも異なります。